専門学校の選び方

専門学校

全国的にみても競馬の専門学校は数が少ないので、選択肢は限られています。
選ぶ基準としては、騎乗訓練のための環境やシステムが整っている学校です。
また講師の数が多くて、生徒1人1人にきめ細かい指導をしてくれる学校が理想です。
学校で勉強しながら競馬を目指す子供達は成長期にあるため、途中で規定体重を超えてしまう生徒も出てきます。
その時に騎手から厩務員などへ進路変更せざるを得なくなりますが、そのような変化にも柔軟に対応できる学校に人気が集まっています。

高卒資格は通信教育で
また中学校から専門の学校へ進学する生徒の場合は、通信教育で高校卒業資格を取得することが必要です。
通信教育なら高校へ通う必要がないので、競馬の訓練を受けながら勉強することができます。
通信教育ではない一般の高校へ通うつもりでいる人は、競馬学校への入学は無理です。
専門学校によっては小学校から入学できるところもあるので、通信教育で高卒資格を取る覚悟が必要なのです。
競馬の騎手になる夢を実現するためには、努力と情熱を持ち続けることです。

馬業界の専門学校

パソコンが並ぶ教室

そのような人のために、各種の専門学校や通信教育があります。
専門学校からはJRAの厩務員過程に進む人もいます。
多くは各地にある育成牧場などへ就職する人が多いです。
このような専門学校では、生徒一人ひとりに馬が与えられ、馬に対する責任感や馬への信頼などを育成します。
また、インターンシップ制度によって各地の育成牧場や乗馬クラブなどで実際の作業を体験することが出来ます。
様々な技術の習得や体験が、社会に出てから馬関係の仕事に携わる可能性を拡げてくれます。

超難関の競馬学校
競馬の騎手になるには競馬学校へ入学する必要があります。
しかし競馬学校の騎手課程は倍率が30倍で、非常に合格するのが難しくなっています。
応募年齢に制限があるため、できるだけ早い段階から入学のための準備をすることになります。
一般の大学と同じように、競馬学校へ入学するための専門学校というのがあります。
まずはその専門学校に通いながら騎乗経験や専門の知識を身につけることから始めます。
早い人は小学校から通い始めています。

競馬学校

図書室

日本中央競馬会競馬学校とは、日本中央競馬会(JRA)の騎手及び厩務員の候補生を育成するために設立された機関及びその施設です。
「学校」と名前は付いていますが、あくまでのJRAに付属している教育訓練施設です。
従って学校教育法に規定される専修学校(専修学校、専門学校、大学校など)や各種学校(小学校、中学校、高等学校、大学など)とはではありません。
元々は馬事公苑に付随していた騎手養成所が前身でした。
また、地方競馬の騎手養成機関は別にあり、地方競馬養成センターと言います。

競馬関係の仕事
競馬に携わる仕事をしたければ、開催する側のJRAやNARに入社する、若しくは生産牧場で働くなどの選択肢があります。
しかし競走馬に深く関わる仕事をしたければ、やはり上述の競馬学校に入り厩務員や騎手になることが一番手っ取り早いです。
しかし、競馬学校は非常に狭き門です。
特にこれまで家族が競馬に携わったことのない方にとっては、益々可能性は狭まります。
競馬学校に選抜される人の多くは競馬関係者の縁故者です。
専門の技術習得や人間関係の形成にはやはり縁故者のほうが有利です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031